矯正歯科や審美歯科で笑顔を美しく~笑った顔がビューティー~

笑顔の女性

審美治療を受ける

医療器具

審美歯科の人たちが行うのは、歯の美しさに着目し、重視した治療なのです。何をもって歯を美しいというのか?その疑問に対する審美歯科の応答として、最も大きなものは「歯の白さ」ということになるでしょう。美しいホワイトに輝く歯は、菌などが付いていないという健康な状態を表し、清潔感を演出します。それを実現するための治療を、審美歯科では行なっているのです。

ホワイトニングは、審美歯科の代表的な治療メニューです。その名の通り、歯を白くするというのがホワイトニングの中心にあるものです。歯を白くする治療にはさまざまなものがありますが、特に「ホワイトニング」という名で呼ぶとき、それは漂白剤を使った治療を指す場合が多いです。歯の組織に効き、健康的な害をもたらさない専用の漂白剤を使い、歯に付いている色を落とします。「歯に色が付いている」というのは、上から汚れが付着していることばかりを表しているものではありません。体質的に色素が歯に混じっており、白くないという場合もあるのです。このような場合に、ホワイトニング剤(漂白剤)を使った治療は効果的であると言われています。

歯を白くするための治療。それが、審美歯科の使命のひとつです。もちろん「歯並び」という美しさもありますが、それについては矯正歯科という別の分野があります。ただ、審美歯科にも歯の色と同時に形にも気を配る治療方法があります。それが、ここに取り上げるクラウンという方法。「かぶせもの」と表現する治療方法です。白くない歯、まっすぐ生えていない歯、歯の隙間が広く開いている口もと。そのような場合に、「かぶせものの」の治療は行われます。この治療は、歯の表面を薄く削り、歯の表面部分を表現したセラミック製の薄い膜を貼りつけ、かぶせるというものです。白い色をかぶせることが出来るし、隙間を埋める大きめの膜を使えばすっきりした美しい歯並びが出来上がるというわけです。